古銭が見つかればラッキーです。

特定の年代に作られた古銭が高価になる事もあります

実家の物置などに古銭が保管されているのであれば、その古銭の一部だけを査定に出すのではなく、全ての古銭の価値を確かめるようにしてください。
同じようなデザインの古銭だから、一部だけ査定に出すようにしていると、かなり価値のある品を見落とす事になりかねません。
プロが査定を行うために、ホコリを被っているような古銭であっても、傷が付いていない未使用品か見分ける事は可能です。
綺麗な状態の古銭であれば、鑑定書付きで3万円で買い取ってもらえる事もあったりと、価値のある品が物置に眠っている可能性もあると考えてください。
3万円ほどで買い取ってもらえる古銭であれば、傷がまったく付いていない未使用品の場合は、10万円の値打ちが付く場合もあります。

古銭の査定は短時間で終わります

古銭の査定を受けようか迷っているけれど、時間がかかりそうなので止めておこうと考えてしまう人もおられます。
一枚ごとの査定にかかる時間は短いですから、あまり長時間の査定を受けられないという人でも問題ありません。
もし手元に一古銭があって、そこに八咫烏が模様として描かれているようであれば、特に価値のある品だと考えてください。
八咫烏10銭銀貨などの、100万円前後の評価額が付く古銭が眠っている可能性もありますから、物置にある古銭全てを持ち出してみましょう。
市場に殆ど出回らなかった八咫烏10銭銀貨は、コレクターの間でも喉から手が出るほど欲しい古銭と評価されています。
その古銭の査定を受けた事がきっかけで、生活が一変してくれるかもしれません。